2010年06月14日

しまつた

条例問題をアツく語りすぎて本題を忘れたw

コミケ受かりました〜〜。
スペースとか、本の予定などはまた後日w
posted by わんちょ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

と条例

都 と書くのも煩わしい例の、非実在(笑)規制問題ですが、今日否決されたようですね。
よかったよかった・・・とは書けないですよねえ。結局何とか差し戻しただけで、おそらく規制推進派にしてみれば、何で反対されたのか分からないと思ってるでしょうし。
この条例問題、今回だけの話で終わるわけではないでしょう。また形を変えて現れてくると思われます。
この数ヶ月の間で私が思っていたことをちょっと書かせていただきます。

もちろん今回の条例の内容に関しては、お話にならないと思うので、私も出版社の反対署名などしていたわけですが(実名なので教えられませんがw)
意外といってはなんですが、ロリなら規制されても仕方ない的な意見が見受けられることにちょっとびっくりです。
私は腐女子だからロリは規制されてもいい。などの意見や、キャラを食い物にしている2次創作の規制は賛成です。のような、表現を規制される、ということに対してあまりに危険意識が少なすぎでは無いかという意見を見ました。

もし、今回この条例が本当に可決されたとして、ロリや2次創作を題材とした作品が消えるとしましょう。で、これによって犯罪が著しく減少するとかそういうことがなければ、次は女性向け。次は暴力や差別。挙句の果ては実在のものすべての規制。こういう流れが簡単に出来上がってしまいます。
最初に表現の規制を受け入れてしまったら、他への規制はあっという間に行われることでしょう。
これは本当に危険なことです。
そして、この規制(検閲といってもいい)の中で出来た作品は、本当に社会が望んでるものなんでしょうか?

もちろん、私が描いてるようなエロマンガが社会に有益なもの、必要なものとは言いませんよ。
でも必要ないものは存在してはいけない世界にしちゃいけないでしょう。
性に関する表現とは愛につながる大事なものであり、社会的にインモラルでもある、二律背反のあやふやな存在なんだと思うんです。是か非かで決めてはいけないでしょう。

最後に、法律の問題は私たちマニアやオタクが騒いでも、弁護士や政治家に任せておいたほうが穏便に済むから・・・と思ってる人へ。
私たちが単なるマニアやオタクなら、相手はただのオバサンとオッサンなだけなんですよー。


何かまた

めんどうな問題が

おきたっぽいから

黙っておけば

おさまって

またコミケで

たのしく

遊べる



なんて思ってると・・・
posted by わんちょ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類